幼稚園

退職する幼稚園の先生へのメッセージ例文!感謝が伝わる書き方を解説

退職する先生へのメッセージ 幼稚園

(幼稚園を退職する先生へのメッセージの書き方を例文で紹介します)

 

幼稚園の先生が退職されるとき、

子供がお世話になったお礼に何かメッセージを送りたいですよね。

どんな風に書けば、感謝の気持ちがうまく伝わるでしょうか?

今回は、退職する幼稚園の先生へのメッセージの書き方を解説します。

感謝の気持ちが伝わるメッセージの例文を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

退職する幼稚園の先生へのメッセージの書き方

メッセージは「素直に感謝の気持ちを書けばいい」と考えてしまいがちですが、

Sponsored Links

書き方が悪いせいできちんと伝わらないことも少なくありません。

(それはとても悲しいことですよね)

メッセージは、書き方をちょっと工夫するだけで、

感謝の気持ちがより伝わるようになりますよ。

↓ここで押さえておくべきポイントは次の2つです。

  1. 先生との楽しかったエピソードを交える
  2. 新しい道に向かう先生への気遣いの言葉を添える

それぞれのポイントについて、順番に説明しますね。

Sponsored Links

>>退職する幼稚園の先生へのメッセージ例文から見る人はこちらをクリックしてください

1.先生との楽しかったエピソードを交える

誰にでも当てはまるような言葉ではなく、先生との具体的なエピソードを交えて書きましょう。

退職する先生と何をして楽しかったか、どんなことをしてもらって嬉しかったか、などお子様一緒に考えてみてください。

具体的なエピソードを書くことで、受け取る側も思い出がよみがえり、感謝の気持ちがより伝わるメッセージになりますよ。

新しい道に向かう先生への気遣いの言葉を添える

退職する先生へのメッセージを書くときには、感謝の気持ちだけでなく、先生への気遣いの言葉を添えるようにしましょう。

退職する理由は各々あると思いますが、その後の先生の活躍を祈念したり、身体をいたわったり、と思いやりの言葉を添えることが重要です。

Sponsored Links

先生への気遣いの一言を入れるだけで、印象が大きく変わります。

退職する幼稚園の先生へのメッセージ例文

↓保護者からのメッセージ例文としては以下のような内容を参考にしてみてください。

△△が大変お世話になりました。

〇〇先生はいつも元気に挨拶してくれ、そのおかげで△△も登園するのが楽しみになっていたようです。

特に、〜会のときに「〜」と声をかけてくださったのが記憶に残っています。

おかげさまで、安心して△△を幼稚園に通わせることができました。

寂しくなりますが、お元気に過ごしてください。

〇〇先生の今後ますますのご活躍を願っています。

子供からのみのメッセージ例文

もし文字が書けるお子様であれば、お子様も一緒にメッセージを書いてみましょう。

先生にとって、一番かかわった時間の長いお子様から直接メッセージをもらえると、とても喜んでもらえます。

〇〇せんせい いつも おそとでいっしょにあそんでくれて ありがとう

だいすきだよ

これからも げんきでいてね

子供・保護者両方からのメッセージ例文

〇〇せんせい たくさん ぶろっくであそんでくれて ありがとう

また あおうね

〇〇先生、△△がとてもお世話になりました。

△△から、いつも〇〇先生と遊んだ話を聞いており、大変感謝しています。

これからも、お身体に気を付けてお過ごしください。

本当にありがとうございました。

退職理由別のメッセージ例文

メッセージを書く際には退職理由にあわせた一言を添えると、より相手への気持ちが伝わります。

退職する理由にあわせて、これから紹介する一言も追加で添えてみましょう。

1.結婚で退職する場合

この度は、ご結婚おめでとうございます。

末永くお幸せに!

2.転職で退職する場合

新しい一歩を踏み出されると伺いました。

新天地での〇〇先生のご活躍を祈念いたします。

3.定年で退職する場合

定年退職おめでとうございます。

長い間、本当にお疲れ様でした。

4.退職する理由を知らない場合

これからの〇〇先生のご活躍とご多幸を祈念いたします。

5.園長先生が退園される場合

園長先生がいたからこそ、今の素敵な□□幼稚園があると思っています。

本当に、ありがとうございました。

-幼稚園

© 2021 分析BANK