ブラックジャック ルール

ブラックジャックの必勝法=カウンティングには3種類ある

ブラックジャックの必勝法といえばカウンティングですね。

ただ、ひとくちにカウンティングといってもいろんな種類があります。

この記事では、いろんなカウンティングのやり方について解説します。

カウンティングには3種類ある

ここでは初心者の方でもやりやすいカウンティング方法としては、

↓以下の3つがあります。

・カジュアルシステム
・ノックアウトシステム
・ハイローシステム

それぞれのやり方を説明していきますね。

1.カジュアルシステム

Sponsored Links

一つ目はカジュアルシステムです。

これは現在配られているカードがどういった数字がよく出ているかをおおまかに把握する方法です。

小さい数字がよく出ていると思ったらプレイヤー有利なので大きい金額を賭ける。

大きい数字がよく出ていると思ったらディーラー有利なので小さい金額を賭ける。

このように自分の感覚を元に有利・不利を判断するのがカジュアルシステムです。

2.ノックアウトシステム

二つ目はノックアウトシステムです。

ノックアウトシステムでは、出たカードを元にカウンティングを行います。

しかし、すべての数字を数えるのではなく、8と9を除く数字を数えます。

Sponsored Links

具体的には、

10、J、Q、K、Aを-1

2、3、4、5、6、7を+1

このようにカードを数えます。

そして、足した数字が+2以上であればプレイヤー有利、逆に-2以下であればディーラー有利と判断します。

プレイヤー有利の時には大きい金額を賭け、ディーラー有利の時には逆に小さい金額を賭けます。

3.ハイローシステム

三つ目はハイローシステムです。

ハイローシステムでも出たカードを元にカウンティングを行います。

Sponsored Links

二つ目のノックアウトシステムと似ていますが、数える数字が異なります。

このおかげで、より高い精度で期待値を上げる事が出来ます。

具体的には下記のように数えます。

10、J、Q、K、Aを-1

7、8、9、を0

2、3、4、5、6を+1

そして、足した数字が+3以上であればプレイヤー有利なので大きくベット、

逆に-3以下であればディーラー有利なので、小さくベットと使い分けます。




Sponsored Links

-ブラックジャック ルール

© 2021 分析BANK