ブラックジャック ルール

【ブラックジャック】カウンティングの練習方法

ブラックジャックにおいて最大の必勝法といえばカウンティングですが、どうやって練習すればいいかわからない…という方も多いでしょう。

この記事では、ブラックジャックカウンティングの練習方法を説明します。

ぜひ参考にしてみてください。

ブラックジャックカウンティングの王道=ハイローシステム

今回は、一番有名かつシンプルなカウンティング方法である「ハイローシステム」を前提に説明します。

ハイローシステムの基本的なやり方としては以下の通り。

Sponsored Links

まず、場に出たディーラーのカードを含むすべてのカードを数えます。

そして、

「絵札と10、A」の5枚を「-1」、

「7、8、9」の3枚を「±0」、

「2」「3」「4」「5」「6」の5枚を「+1」

Sponsored Links

としてカウントします。

これによって、プレイヤーに有利である絵札とAが、どれくらいの割合で残っているかというのを把握するわけです。

カウンティングの練習方法

カウンティングの実際の練習方法としては2つあります。

まず1つは、自分でトランプを用意し、表向きにカードをどんどんめくっていきます。

そして出た数字を先ほどのハイローシステムを使い数えていきましょう。

Sponsored Links

しっかりとカウンティングが出来ていれば、52枚すべてのカードをめくりおえた時のカウントは0になるはずです。

違う結果になる場合は練習が足りないので、確実にカウントできるようになるまではこの方法で練習しましょう。

オンラインカジノを活用して練習しよう

練習方法の2つ目としては、オンラインカジノを使うことです。

オンラインカジノでは基本的にカウンティングが禁止されていませんので、練習にはぴったりなんですよ。

低額でプレイしながら自分のカードとディーラーのカードをすべて数えていきます。

実践でもしっかりとカウントできれば、ばっちりですね。




Sponsored Links

-ブラックジャック ルール

© 2021 分析BANK