ブラックジャック ルール

【ブラックジャック】カジノで遊ぶ前に知っておくべき基本ルール

ブラックジャックは、カジノでも特に人気の高いゲームですね。

ポーカーやバカラなどと同じく、トップレベルの人気のあるゲームです。

ただ、「ブラックジャックが有名なゲームであることは知っているけど、ルールは実はよくわかっていない…」という人もおられるかもしれません。

この記事では、ブラックジャックのルールについて基本的な部分を解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

カジノで遊ぶ前に知っておこう!ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックは、

Sponsored Links

持っているカードの数字の合計が「21」がいかに近くなるか?を競うゲームです。

ただし、合計が21を超えてしまうと、その時点で負けとなります。

例えば、現在合計で13のカードを持っている時に、

・8が来たら「一番強い状態」になりますが(合計21)

・9が来たらその時点で「負け」です(合計22)

カードの枚数は、合計数字が21を超えるまでならいくらでも引くことが出来ます。

Sponsored Links

ちなみに一番高い数字を持つプレイヤーが複数いる場合は、

その複数のプレイヤーが勝者となります。

ジャック・クイーン・キングは「10」としてカウントする

カードの数字は、2~10はそのままカウントします。

その一方で、絵札の3つ(ジャック、クイーン、キング)は「10」としてカウントされます。

エースのカウントは少し特殊

また、エース(数字の1)のカウント方法は特殊です。

エースを引いた時の自分の数字によって数え方が変わるのです。

Sponsored Links

↓具体的にはこのようになります。

・カードの数字の合計が11を超えていなければ「11」としてカウント
・カードの数字の合計が11を超えている時には「1」としてカウント

持っている数字の合計が11のときに、エースを引いたとすると、

11+11=22になってしまうので負けというわけです。

ブラックジャックのルールの基本はこれだけ!

シンプルなルールでありながら駆け引きをめぐって白熱するので、

カジノではポーカーなどと並行してプレイするのも楽しいですよ。




Sponsored Links

-ブラックジャック ルール

© 2021 分析BANK