鰻(うなぎ)は何歳から子供に食べさせて大丈夫?アレルギーが心配な方へ




Sponsored Links
  • 鰻は何歳から供に食べさせても大丈夫?スタミナを付けるのに良いらしいけど…。
  • 鰻が子供の体に与える影響はどんなこと?
  • 鰻を食べさせる際の注意点が知りたい。

子供に初めてのものを食べさせるのって不安がありますよね。

でもできれば、栄養価も高く体に良い鰻は、子供にも食べさせてあげたいものです。

ただ、大人と違って小さな子供に食べさせるとなると、慎重になってしまうママさんも多いと思います。

この記事では、そんなママさんのために、子供に鰻を食べさせる際のアドバイスを掲載しています。

ぜひ参考にしてください。




Sponsored Links

鰻は何歳から食べられる?

↓この記事では、以下の2つの項目について解説いたします。

  1. 鰻は何歳から食べさせていいの?
  2. みんなどのタイミングで食べさせているの?

では、それぞれの点を下記で詳しく説明していきます。

夏バテ防止にも良いとされる鰻は、子供にもぜひ食べさせたいですよね!

①鰻は何歳から食べさせていいの?

鰻を初めて食べさせるなら、1歳半から2歳以降がおすすめです。

ただし、鰻は脂質が多いので、食べさせる量に気をつけなければいけません。

例えば、鰻の蒲焼1人前は100g程度で293kcal、脂質は21gです。

2歳の1日に必要な資質は20g〜30gとされています(厚生労働省小児1歳〜2歳の食事摂取基準 より)。

よって、子供に鰻を食べさせる時は、他の食材の脂質、または1日の食事の脂質の量を考えて食べさせましょう。

この時期は、離乳食が完了して幼児食に移行するタイミングだからです。

②みんなどのタイミングで食べさせているの?

↓実際には、以下のようなタイミングで鰻を食べさせ始めたという人が多いですね。

  • 歯が生えそろって、鰻の小骨も問題なく噛めるようになった1歳半頃にあげた
  • 2歳ぐらいになると大人が食べているものを欲しがるので、皮を取り除いて食べさせた

1歳半くらいからは、だんだんと大人が食べているものに興味を持ち始めます。

この時が、鰻をあげる時期としては最適と言えるでしょう。

鰻の栄養成分は夏バテ防止になるので、「土用の丑の日」に初めて鰻を食べさせる人も多いですね。

鰻には、骨や歯の成長を促すビタミンA、骨を強くするビタミンD、疲労回復に役立つビタミンBといった栄養が豊富に含まれています。

昔から日本人が、「土用の丑の日」に鰻を食べていたのはこういった理由があるのです。

鰻は子供にとっても、夏の健康維持に繋がる食材でもあります。

子供に鰻を食べさせる際に気をつけたいこと

実際に子供に鰻を食べさせさせる時に、気をつけたいのは以下の3つです。

  • 小骨の多さとタレの濃さ
  • 鰻アレルギーの発症の可能性
  • 子供に鰻を食べさせると夜眠れなくなる?

それぞれの内容と対処法について順番に見ていきましょう。

小骨の多さとタレの濃さ

子供に鰻を食べさせる時は、小骨が多いので喉にひっかからないよう注意しなければいけません。

初めは小骨を細かく刻んだものを少量ずつ食べさせてみて、きちんと飲み込めるか様子を見ながら食べさせましょう。

鰻を柔らかく煮る・細かく刻む・ミンチ状にするといった工夫をして食べさせても良いです。

また、鰻のタレは、大人と同じものを食べさせると味が濃く塩分が高くなります。

例えば「白焼き」のようにタレを使わない調理法や、「ひつまぶし」のようにお茶漬けのようにしてあげると減塩できますよ。

鰻アレルギーの発症の可能性

まれに、鰻アレルギーを発症する子供がいます。

なぜなら、1〜2歳の子供の場合、タンパク質を分解する力が未熟なためです。

鰻アレルギーに関しては、下記のような症状があります。

  • じんましん
  • 口内、唇、喉のかゆみ
  • 腹痛や顔の赤らみ、腫れ
  • 喉の腫れによって呼吸がしづらい

このような症状が出た際には、すぐに食べさせることをやめてください。

鰻アレルギーが起こる場合には、魚介に対してアレルギーがある場合も多いです。

このようなことを踏まえ、鰻アレルギーに注意しながら、少量ずつ様子を見ながら与えましょう。

子供に鰻を食べさせると夜眠れなくなる?

子供にスタミナアップにつながる鰻を食べさせたら、夜にちゃんと寝てくれないのでは?という疑問もありますよね。

Sponsored Links



Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする