麻雀 初心者

麻雀初心者が最低限知っておくべきルール

麻雀とは、4人で点数を奪い合って遊ぶボードゲームです。

使う道具は「牌」と呼ばれるもので、34種類136枚で成り立っています。

萬子(マンズ)、筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)は1〜9の9種類36枚です。

字牌(ジハイ)は「東西南北白發中」の7種類28枚になります。

同じ牌は1種類につき4枚です。

これはすべて覚えなくても大丈夫です。

Sponsored Links

やってるうちに勝手に覚えますので安心してください。

Sponsored Links

どうやって遊ぶのか

サイコロを振って親を決めます。

親から反時計回りで牌をツモって(とって)いき、アガリを目指します。

どうやってアガるのか

14枚の牌を組み合わせてアガリを目指します。

アガることによって、他のプレイヤーから点数を奪うことができます。

最終的に点数を一番持っている人が勝ちです。

Sponsored Links

アガるには決まった形があります。

「4面子(メンツ)1雀頭(ジャントウ)」が必要で、面子とは3枚組・雀頭とは2枚組を指します。

面子には順子(シュンツ)と刻子(コーツ)があります。

順子は「一、二、三」などの連番を指し、刻子は同じ牌3枚の組み合わせを指します。

雀頭は必ず同じ牌2枚の組み合わせになり「アタマ」と呼ばれます。

アガるには「役」が必要になりますので、注意してください。

Sponsored Links

また新しい言葉が出てきましたので、説明しますね。

「役」とは麻雀でアガるために必要なもの

麻雀でアガるためには必ず「役」が必要になります。

初心者のときは、とにかくアガれる形(4面子1雀頭)を目指すことが一番の近道になってきますよ。

そこで、初心者の武器になるのが「リーチ」という「役」です。

リーチは天牌(テンパイ:あと1枚でアガリの形)になったときに宣言できます。

宣言するだけで「役」が一つ付くのでアガれるのです。

まずはリーチができるようになってから、他の「役」を覚えると楽しくなりますよ。

Sponsored Links




Sponsored Links

-麻雀 初心者

© 2021 分析BANK