10歳の壁とは何か?心理学での意味と親のサポート方法5つ




Sponsored Links
10歳の壁

(10歳の壁の意味とは?親が知っておくべき対策方法を5つ解説します)

10歳の壁とは、10歳前後の子供が特に悩みやすい人間関係や勉強におけるいろいろな問題のことをいいます。

(小4の壁とか、小4ビハインドなどの言葉も同じような意味で使われます)

この時期の子供の脳や心理には、大きな変化が生じています。

具体的にどのような変化が生じているのか?をひとことでいうと、「抽象的な考え方ができるようになり始める」ことが重要です。

(抽象的な考え方とは何か?については、この後で簡単にわかりやすく説明しています)

10歳以降の学校の勉強は、子供が「抽象的な考え方ができること」を前提にカリキュラムが進んでいきます。

その一方で、子供の成長には個人差がありますから、勉強や人間関係でうまくいかず悩みを抱えてしまう子供も少なくないのです。

このようなケースを、「10歳の壁」と呼んでいます。

以下では、10歳の壁のくわしい意味と、この時期の子供を持つ親が知っておくべきサポート方法を解説いたします。

「最近、子供の急激な変化に不安を感じている」というお父さんお母さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

[ad#co-1]




Sponsored Links

10歳の壁の原因「抽象的な考え方」とは?

10歳の壁の原因は、「抽象的な考え方」をスムーズにできるようになる子供と、なかなかできない子供がいることにあります。

抽象的な考え方とは、例えばリンゴとミカンをまとめて「くだもの」と考えるようなことを言います。

犬と鳥をまとめて「動物」と考えるのも抽象的な考え方です。

「目の前にある実際に触れるものを使って学ぶ」というやり方ができない内容が、抽象的な考え方ということになります。

今までは自分で手を触れることができる「具体的なもの(リンゴやミカン)」しか認識できていなかった子供が、頭の中で考える必要があるもの(くだもの)を認識できるようになるのが、ちょうど9歳〜10歳の時期なのです。

[ad#co-1]

学校では「抽象的な問題」を習うようになる

学校の授業で言えば、この時期は算数で分数や小数、割合などの問題を解きはじめる時期です。

足し算や引き算(具体的な思考)であれば目の前のりんごやみかんを使って説明することができます。

しかし、分数や小数は抽象的な問題になりますので、目の前のものを使って説明するのが難しくなります。

学校のカリキュラムは、子供の抽象的な思考能力を育むために、こうした問題を解かせるようになります。

もちろん、抽象化ができるようになるスピードには子供によって個人差がありますから、中にはうまく授業についていけない子供もいるでしょう。

そのため、中には「自分は頭が悪いのかも」などと悩むようになる子供も出てきます。

このようなケースを指して、「10歳の壁」と呼んでいるのです。

>>10歳の壁を乗り越える!親が知っておくべきサポート方法5つ

10歳の壁は人間関係にも影響を与える

10歳の壁とは、抽象的な思考ができるようになるかならないのかの時期に生じる問題ということを説明しました。

この抽象的な思考ができるかできないかは、学校での人間関係にも影響を与えます。

例えば、抽象的な思考ができるようになるということは、自分と別の子供を比較することができるようになることを意味します。

  • Aくんは〜ができるのに、自分はできない。
  • 自分たちは〜ができるのに、別のグループの子たちは同じことができない。

といったように、自分とまわりを比較したり、自分があるグループに所属している、していないの関係を認識できるようになるのです。

↓例えば、子供に以下のような行動や悩みが出たら気付いてあげることが大切です。

  • 「以前は仲が良かった友達と仲良くできなくなった」
  • 「複数人で集まって1人の子供を仲間外れにするなどの行為」

こうした症状を見かけたら、頭ごなしに叱ったり、深刻に悩んだりするのではなく、「子供は今、抽象的な思考ができるようになろうとしているんだ」と、ごく自然なことととらえてあげることが大切です。

[ad#co-1]

具体的にどんな問題が苦手になる?

10歳の壁は、勉強面にも影響を及ぼすことがあります。

上でもみたように、学校の勉強は10歳前後から「抽象的な思考力を問う問題」をあつかうようになりますが、子供によって成長のスピードは個人差があるのが原因です。

↓特に悩む子が多いのは算数で、以下のような悩みを持つことがあります。

  • 単純な計算問題は解けても、文章問題が解けない
  • 計算式の問題は解けるけれど、図形問題が解けない
  • 分数・小数を理解できない
  • 割合の問題を理解できない

算数は、抽象的な思考力をきたえるための勉強です。

そのため、抽象的な思考ができる、できないの差が生まれる10歳前後の時期で、「算数の学習が急に難しくなった」と感じるお子さんが多いようです。

実際、小学校4~5年生の算数の内容は、小学校低学年のころに比べて、ぐっと難しくなってきています。

この時期には、「抽象的な概念も理解できるようになりはじめているはず」という前提で学習指導要領が設定されているため、抽象的概念の理解が追い付かない子や発達段階がそこまで到達していない子にとっては、理解できないものとなってしまう可能性があるのです。

10歳の壁と発達障害の違いは?

ちなみに、算数があまりに苦手だと「発達障害なのでは?」と悩んでしまう親御さんもいらっしゃるでしょう。

しかし、発達障害による学習障害と、10歳の壁による学習遅延は、全く違うものです。

発達障害の場合、10歳以前にも読み書きや計算などで何らかの障害が出るのが一般的です。

Sponsored Links



Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする