議院内閣制の仕組みとは?大統領制との違い・メリットデメリットを簡単にわかりやすく解説!




Sponsored Links
議院内閣制

(「議院内閣制」の意味とは?簡単にわかりやすく解説します!)

議院内閣制とは、ごく簡単にいえば「国民から選挙で選ばれた国会議員の中から、内閣総理大臣を選ぶシステム」のことをいいます。

議院内閣制とは?


国民から選挙で選ばれた国会議員の中から、内閣総理大臣を選ぶシステム」のこと

日本の政治では、明治時代以降はこの議院内閣制をずっと採用してきています。

憲法改正が話題となっている今日この頃ですが、議院内閣制のシステムは日本の政治を支える非常に重要な仕組みですから、ぜひしっかりと理解しておきましょう。

[ad#co-1]




Sponsored Links

議院内閣制の仕組み

冒頭でも見たように、議院内閣制とは「国会議員の中から内閣総理大臣を選ぶシステム」のことをいいます。

内閣とは、簡単にいえば行政のトップメンバーのことです。

行政の仕事は、市役所が住民票を発行したり病院がちゃんと運営できるようにしたりといったことから、他の国から軍隊が攻めてきたときに戦う「軍事」、他の国と戦争にならないように交渉を行う「外交」といった重要なことまでが含まれます。

このように重要な仕事を行う内閣は、「総理大臣」と「国務大臣」で構成されます。

総理大臣は国務大臣を任命したり、クビにしたりする権限を持っていますから、実質的には「国のリーダー」といえます。

この点について、日本国憲法では以下のように規定されています。

内閣総理大臣は、国務大臣を任命する。但し、その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない。内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷免することができる。

日本国憲法第68条第1項

[ad#co-1]

内閣不信任案とは

上で見たように、内閣は国会(国民)から信任を受けて国政を運営します。

「国会の信任を受けて国政を運営する」ということは、「国会の信任を受けられなくなった場合には、内閣は国政を運営できなくなる」ということでもあります。

具体的には、国会が内閣の仕事ぶりを見て「信頼できない」と判断した場合には、国会は内閣不信任案という決議を行なうことができます。

内閣不信任案とは、簡単にいえば国会が内閣に対して「あなた方はもう仕事を辞めなさい」と命令することです。

国会は国民から選挙でえらばれた国会議員で構成されるものですから、国会で内閣不信任案を決議したということは、その内閣は国民からの信任を得ていないことを意味します。

そのため、内閣不信任案の決議を受けた内閣は、10日以内に解散しなくてはいけないルールとなっています。

日本国憲法では、以下のようにルールが定められています。

内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

日本国憲法第69条

[ad#co-1]

内閣が不信任決議を受けたら、衆議院が解散される可能性大

ここまでの内容を見ると、いかにも「国会の方が内閣よりも強い」というイメージを持たれたかも知れません。

しかし、議院内閣制では内閣と国会とはほとんど対等の力を持っています。

というのも、内閣不信任案の決議を受けた内閣(内閣総理大臣)は、衆議院を解散する権限を持っているからです。

衆議院というのは国会の2つのグループ(衆議院と参議院)のうち、大きい方のグループです。

衆議院が解散されると、そこに所属していた国会議員は全員無職になって選挙をもう一度勝ち残らないといけません。

国会からすると、「内閣不信任案を出せば内閣総理大臣を辞めさせることができるけれど、自分たちも失業することになる」ということですね。

このように、議院内閣制では、国会と内閣とが牽制(けんせい)しあいながら政治を運営していくシステムになっているのです。

[ad#co-1]

議院内閣制と大統領制との違いは?

議院内閣制を採用している日本やイギリスのような国がある一方で、大統領制を採用している国もあります(アメリカやフランス、韓国など)

議院内閣制と大統領制の大きな違いは、国会と内閣の関係のあり方の違いです。

簡単にいえば、議院内閣制では「国会議員の中」から行政のリーダーを選びますが、大統領制では「国民が直接大統領を選ぶ」という仕組みになっているのです。

行政のトップと国民とがよりダイレクトにつながっているのが大統領制といえるでしょう。

[ad#co-1]

大統領制では国会と内閣がそれぞれ独立している

また、議院内閣制では、議会が不信任決議を出して内閣総理大臣を辞めさせることが可能です。

反対に、内閣総理大臣も議会の解散権を持っているので、議会に参加している議員を失職させることができます。

一方、大統領制は議会と内閣がそれぞれ独立した立場です。

議会は弾劾以外に大統領を辞めさせる権限はなく、逆に大統領側も議会を解散させることができません。

[ad#co-1]

議院内閣制のメリット

議院内閣制のメリットとしては、以下のようなものがあげられます。

議院内閣制のメリット

Sponsored Links



Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする