後生の意味とは?使い方や読み方・類語を具体例でわかりやすく解説!




Sponsored Links
後生 意味

(「後生」の意味とは?読み方や使い方を例文で分かりやすく解説します!)

  • 「後生」ってどういう意味?
  • 「後生」の読み方って「ごしょう」?「こうせい」?
  • 「後生だからお願い」って言われたけれど、あれはどういう意味?

年配の方と話をする際や、文学作品などでは「後生だから」というような表現に出会うことが時々あります。

この言葉には「ごしょう」と読む場合と「こうせい」と読む場合とがあって、それぞれ意味が異なりますから注意しておかなくてはなりません。

※「ごしょう」は「生まれ変わること」で、「こうせい」は「後から生まれてくること」を意味します。

この記事では、「後生」という言葉の意味をくわしく解説するとともに、具体例を用いて使い方も解説します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

[ad#co-1]




Sponsored Links

「後生」の意味とは?簡単にわかりやすく解説!

後生とは、「とても必死に何かをお願いするとき」によく使う言葉です。

例えば、「後生だから無事でいろ(図書館戦争という小説ででてきます)」といった場合には、「一生のお願いだから無事でいてくれ」という意味。

ただし、これは「ごしょう」と読む場合の意味です。

「こうせい」と読む場合は、「後に続く人」という意味に変わります。

[ad#co-1]

「ごしょう」の語源由来は仏教の言葉

「ごしょう」と読む「後生」は、元は仏教の言葉でした。

「こうせい」と読む「後生」も、後から読み方と意味が変わったため、由来は同じ。

仏教用語としての「後生」は、「死んだ後に行く世界」や「来世」を指す言葉です。

または、「その死後の世界に生まれ変わること」という意味も。

仏教では、生きている時に良いことをした人は「極楽浄土」という世界に行くとされています。

そこはまさに天国と言える世界で、何の苦しみもなく、誰もが楽しく暮らせる楽園です。

現在は、仏教関係なく「一生のお願い」という意味で使われるようになりました。

[ad#co-1]

「後生(ごしょう)」と「後生(こうせい)」の意味の違い

「後生」は「ごしょう」とも「こうせい」とも読める言葉です。

「後生(ごしょう)」は「死後の世界」や「来世」、今は「一生のお願い」という意味でしたね。

「後生(こうせい)」は、「後から生まれる人」と「後輩」という意味を持ちます。

たとえば、お年寄りから見た若い人は「後生(こうせい)」です。

後から部活や会社に入ってきた「後輩」と呼ばれる人々も、「後生(こうせい)」と呼べます。

[ad#co-1]

「後生」の対義語は?

「後生(ごしょう)」の対義語は、「前生(ぜんしょう)」です。

「前生」とは、「生まれ変わる前の人生(前世)」という意味で、「生まれ変わった後の人生」を指す「後生」とは逆の意味になります。

一方「後生(こうせい)」の対義語は、「前世(ぜんせい)」。

「ぜんせい」と読む「前世」は、「昔の時代」という意味を持ちます。

先に説明した「生まれ変わる前の人生」という意味の「前世」とは、違う意味の言葉なので注意しましょう。

[ad#co-1]

「後生」の使い方・例文

「後生」の二つの意味が分かったところで、使い方と具体的な例文を考えましょう。

特に「後生(ごしょう)」は「後生だから」という使い方をされることが多いです。

これはどういう時に使えば良いのでしょうか?

[ad#co-1]

「後生だから」の使い方・例文

例文


「後生だから助けてください」

「後生だから」というのは、「一生のお願いだから」というお願いを強調する言葉です。

何かを必死にお願いする時に使われます。

「後世」を意味する「後生」を使うのは、「生まれ変わった後も感謝し続ける」という意味があるから。

「お願いします」という部分を省略して、「後生だから!」という使い方も可能です。

省略してしまうと分かりづらいので、話の流れで相手にきちんと伝わる時に使った方が良いですね。

Sponsored Links



Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする