圧巻の意味とは?由来や使い方を簡単にわかりやすく解説(具体例あり)




Sponsored Links
圧巻 意味

(「圧巻」の意味とは?類語や反対語・使い方について具体例を用いて解説します!)

  • 「圧巻の光景だった」とはどういう意味?
  • 圧巻という言葉を使った具体例を例文で知りたい
  • この漢字にはどういう由来があるの?
  • 圧巻の類語は?
  • 「圧巻」「圧感」正しいのはどっち?

この記事では「圧巻」という言葉の意味や使い方についてくわしく解説いたします。

ごく大まかに言うと、圧巻という言葉には、「他と比べて優れているもの、全体の中で最も優れているもの」という意味があります。

圧巻という言葉の意味(ごく大まかに言うと)


「他と比べて非常に優れているもの、全体の中で最も優れているもの」

「圧巻という言葉は耳にしたことがあるけど、意味や使い方についてはよく知らない」という方は、以下の内容もぜひ参考にしてみてください。

[ad#co-1]




Sponsored Links

圧巻の意味とは?簡単にわかりやすく解説!

圧巻とは、書物の中の最も優れた部分という意味であり、さらにそれが転じて多くのものの中で一番優れた部分という意味もあります。

※「圧感」は間違いなので注意。

「圧巻」と「圧感」はよく混同されて使われますが、圧感という言葉は誤用ですので間違わないようにしてください。

[ad#co-1]

圧巻の類語=出色(しゅっしょく)

圧巻の類語としては、出色(しゅっしょく)という言葉が挙げられます。

出色には、他に比べてひときわ優れているという意味があります。

他にも見る価値があることを表す見どころや、イベントなどを開いて人を呼び込む呼び物などがあります。

例えば、「このサーカスの出色の出し物はゾウの演技だ」というように使います。

[ad#co-1]

圧巻の反対語

圧巻の反対語は「特にこれ」というものはありません。

ただし、「圧巻=とても優れている」という意味がありますから、「それほど優れていないもの、ごく普通なもの」という意味で「平凡」や「陳腐(ちんぷ)」「人並み(ひとなみ)」「月並み(つきなみ)」といった言葉が反対語といえるかもしれません。

圧巻の反対語


  • 平凡
  • 陳腐
  • 人並み
  • 月並み

[ad#co-1]

圧巻とよく似た言葉との意味の違い

圧巻と似た言葉には、圧倒、席巻、壮観などがあります。

圧巻とよく似た言葉


  • 圧倒
  • 席巻
  • 壮観

それぞれの言葉との意味の違いを知っておきましょう。

[ad#co-1]

圧巻と圧倒の違い

圧倒には、周りと比べて優れているという意味の他にも、最も優れた力やで相手を押さえつけるという意味も含まれています。

圧倒は圧巻よりも比較対象が広く、さらに「圧倒的な弱い」などというように、悪い意味で使われます。

圧巻と席巻の違い

席巻には、「すごい勢いで勢力を広げる」という意味があります。

主に人に対して使われることが多いですが、席巻は「現在、はしかが日本を席巻している」というように、物や現象に対してもよく使われます。

圧巻と席巻の違い

壮観は「この眺めは壮観だ」などというように、特に景色について言及する時に使います。

Sponsored Links



Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする