とんぼ帰りの意味や由来とは?日帰りや一泊二日との違いを例文で解説!

とんぼ帰り

みなさんは「とんぼ帰り」という言葉を知っていますか?

普段の会話の中で、たまに聞くフレーズですから、一度は聞いたことはあるかと思います。

しかし、以下のような疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

  • とんぼって、あの昆虫のことだよね?何か由来があるの?
  • とんぼ帰りって日帰りのこと?それとも一泊二日のこと?

この記事では、とんぼ帰りという言葉の意味や由来についてくわしく説明します。

正しい使い方の例文も紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

Sponsored Links

とんぼ帰りの意味

とんぼ帰りとは、簡単に言うと「目的地に行って、目的を終えたらすぐに帰ってくること」を言います。

例えば、「出張してすぐにとんぼ帰りをした」という表現がありますが、これは「目的を達成した後に他のことをせずにまっすぐ帰ってきた」ということを表しているのです。

言葉のニュアンスとしては、「目的地に着いたら、他のことをするひまも無くすぐ帰ってきた」というように、時間的な余裕が無い状態を表現する際に使われます。

Sponsored Links

とんぼ帰りという言葉の由来

とんぼ帰りという言葉の由来ですが、これはとんぼ(昆虫)のある特徴に由来しています。

とんぼには「空中を移動中、急に進行方向とは逆方向に向きをくるっと変え、移動する」という特徴があるのです。

とんぼは飛んでいる途中に急旋回をすることがあるというわけです。

このとんぼの急旋回から、進行方向とは逆の方向に向かうさまをとんぼ帰りと表現しているのです。

Sponsored Links

とんぼ帰りという言葉の使い方例文

とんぼ帰りということばをつかった例文をいくつか紹介しましょう。

いずれも、「目的を負えたらすぐに帰ってきた」という意味になります。

また、この言葉は「目的を達すること」実は必須ではなく、「時間をおかずに急いで帰ってきた」というニュアンスでいう場合もあります。

とんぼ帰りという言葉を使った例文


  • 会議のために本社へ出向いたが、急な予定が入ってしまいとんぼ帰りしてきた
  • 連休中実家に帰り、連休が終わるとすぐさまとんぼ帰りした
  • 買い物を終えたらすぐとんぼ帰りする予定だったが、思いのほかゆっくりしてしまった

Sponsored Links

とんぼ帰りの類語

とんぼ帰りに似たような言葉(類語)としては、以下のようなものがあります。

「とんぼ帰り」の類語


  • Uターンする
  • その足で帰る

こちらもいくつか例文を紹介いたします。

  • 旅行に行こうとして家を出た後、忘れ物に気付いてすぐUターンして家に戻った
  • 用事をすませた後、その足で実家に帰った

Sponsored Links

とんぼ帰りと混同しがちな言葉の意味の違い

とんぼ帰りという言葉は、目的地に行ったあとにすぐ戻ってくる様子を指す事だというのはお分かり頂けたと思います。

それでは、とんぼ帰りに良く似た表現にはどんな言葉があるのでしょうか。

とんぼ帰りに似た表現をいくつかをご紹介し、それぞれの違いについて解説したいと思います。

表現は似ていても意味合いが若干異なりますので、ここで一度確認し正しい使いかたを覚えておきましょう。

Sponsored Links

とんぼ帰りと「日帰り」の違い

日帰り、とは目的地に行った際宿泊する予定が無く、その日に帰ってくることを指す言葉です。

とんぼ帰りは目的を果たした後にすぐ戻らなくてはならないという意味合いですので、必ずしも日帰りとは限りません。

日帰りは事前にその日に帰ることが決まっている状態を指し、とんぼ帰りはその日に帰ることが確定していない状態を指すので、それぞれ意味が異なっています。

Sponsored Links

とんぼ帰りと「一泊二日」の違い

一泊二日、とは目的地に行った際どこかに宿泊する予定があり、二日目に戻ってくるという意味です。

一方でとんぼ帰りとは用事を済ませ次第すぐ戻らなくてはならない時に使う表現ですので、そこに宿泊をするかどうかということは事前に決まっていません。

状況により宿泊をする可能性もあるのですが、それは一泊二日や二泊三日のように事前に決まった予定ではありません。

事前に予定が決まっているかどうかの状況で使うシーンが異なってきますね。

Sponsored Links

とんぼ帰りと「とんぼ返りを打つ」の違い

「とんぼ返りを打つ」という表現は、ここまで見てきたような「とんぼ帰り(漢字の違いに注意してください)」とは意味が異なります。

体操競技などでは「とんぼ返り」という言い方をすることがありますが、これは「空中で体を一回転させること」を意味します。

また、同じような意味で「もんどりを打つ」という表現もあります(これも空中で体を一回転させることを指します)

例としては、「バランスを崩し、もんどりを打って倒れた」などのように使われます。

Sponsored Links

まとめ

今回は、とんぼ帰りという表現について、その意味や由来についてご紹介しました。

この記事をまとめると、以下のようになります。

  • とんぼ帰りとは、目的地に行き目的を果たした後にすぐ戻る表現を指す
  • 昆虫のとんぼが急に方向を変え、逆方向に向かう特徴に由来している
  • 似たような言葉にはUターンする、その足で帰るなどがある
  • 空中で宙返りする、という意味もあり、類語にはもんどりを打つという表現がある

普段から何気なく使っている表現も、正しい使い方や言葉の由来を知ると勉強になりますよね。

ぜひ、日頃から正しい使い方で活用してみて下さい。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする